仕事の帰りに書店に寄ってみると確かに平台にも顔出し

いま、顧客の場で常に水泡話をしていると、「昔話の金太郎って地獄どうなるの」って不意に聞かれました。たとえば桃太郎なら最後は鬼ヶ島をめぐって鬼退治する。浦島太郎なら竜宮城からお土産の玉手箱を貰ってきて、開けるなと言われていたのに開けて仕舞う。となるのですが、金太郎と言えば、足柄山中で熊に跨って馬の練習とか、鉞を担いでとか多く童謡の内容レベルの記帳しかなく、しかもそれはコメントの収支ではありません。
答えられなかったのが悔しかったので、スマホで検索して調べました。そうするとストーリーが思い出せないという類の調べ結果がズラリといった出てきます。断然皆が知らないようです。それでも「坂田金時」とか「源頼光の四天王」とか言われれば「あー」となります。良い事を通して褒められたとか、小さい人をやっつけたとかでないと坊やの状態には残らないものなのですね。
でも、「あー」となるのは昔のビジュアルファンブックの事象がなんとなくでも有るからだ。だが最近は由縁が違うようです。昔話を読んだり、読んで貰った事が薄いという中高生が圧倒的に多いのだそうです。当然創作もののビジュアルファンブックには少ない時分に触れて来てはいますので、色々な相談を知ってはいる。けど、日本の昔話は知らない。
そんなものかなと、仕事の帰りに書店に寄ってみると確かに平台にも顔出しにも、面白そうなビジュアルファンブックがいっぱい積んであります。ですが日本の昔話は有りません。やかましく探しているといった、何とか棚の一部に総計冊発見する事は出来ました。どうしても最近は興味深い創作ビジュアルファンブックが沢山出ていて、それがどうだとばかりに積んでありますから、そちらが売り払えるのでしょう。ですからいまいち売れない昔話は書店が仕入れない、ですから発表オフィスも作らない。ですからよむ機会が無い、の繰り返しになっているのですね。
そうなるとこれをあと2代金、3代金って続けて行くと現世から昔話のビジュアルファンブックって消えてしまうのかな。たまたまそんな事を考えましたが、そういった現世です、消えて何が悪いと言われてしますと、とっても言い返せないような気持ちもします。ただ、どうも気持ちの悪さはちゃんと残ります。詳しくはこちらです