豪雨の日光の心待ち?水たまりをかけぬける。

窓を開けるといつの間にか降雨が降ってある。
午前はお日様が差していたから、今日は晴れ上がるかと思ったんだけど。
今は梅雨ですもんね、何時降ったっておかしくない。
晴れてるうちに、配送すませておけばよかったかなぁ。
そんなことを考えながら、近くの公園を通り過ぎる。
充分舗装された道路を歩けば真下も濡れないんだけど、草の生えた道路なき道路を歩いたほうが抜け道なんだよね。
小雨だから普段の靴を履いてきちゃったしな。
どっちに行こうか耐えるって、もう一度単独の自分が話しかけてきた。
「えぇい、躊躇うな僕。たまには濡れちゃえ!」
そうね、随時濡れるのもいいかな。
まんまといよいよ単独の自分に乗せられ、土地の上に一歩アクセスを踏み出すといった、そこは今やぬかるみになっていて。
「きゃぁ、しまった。まだまだ、靴が汚れるー!」
前提です、って自分に突っ込みを入れたくなりながら、急いで再び片方のアクセスを前に出すと、今度はちっちゃな水たまり。
「えー、草で水たまりが思えなかったよ、ちょっと待ってーー!」
といったまぁこういう連続で、普通帰路もせず、慌てふためきながら小走りで道路なき道路を突っ切った。
「いざ、やりきったゾ。」
抱腹絶倒歓喜で満たされながら、ふっと思い起こした実例。
そういえば乳児のころ、水たまりで遊ぶのが好物だった。
靴は汚れたけど、久しぶりに小児にかえった盛り上がり。いい。
…も、既に次は控えるかなぁ(笑)せふれの作り方ならこのサイト